フェロモンとは動物が対外に微量に分泌し、同種の固体に特有の反応を引き起こさせる物質の事であり、人間界で表現するならば“異性をその気にさせる媚薬(びやく)”といったところでしょう。 従来の学説では人間には器官の退化によりフェロモン効果はないとされていましたが、最近の研究により人間にもその器官の存在が認められたため、ここ2〜3年の間にフェロモンが急速に脚光を浴び始めました。 それは、医療やバイオの世界だけにとどまらず、香料の世界にも大きな影響をもたらしました。 現在では、フェロモン香水は、素敵な出会いや恋愛のキッカケ作りに大活躍です。 憧れのあの人が急接近してきたり、合コンやパーティで急にモテたり。 簡単に恋の魔法をかけてしまう感じかな? このフェロモンの媚薬効果で、あなたも魅力的に輝いてくださいね。
あまり関心がない方は、他の恋愛ブログをご参考にしてくださいませ 恋愛に飢えている方は、ごゆっくりどうぞ!

2011年10月06日

いい香りが異性を急に恋愛対象として意識させる

香水の輸入販売を行うブルーベル・ジャパンは、全国20〜40代の男女600名を対象に「香りに関する意識調査」を実施し、2011年9月30日に結果を発表した。調査期間は2011年9月13日〜9月14日で、調査方法はインターネットを利用したアンケート調査。

異性の友人や同僚から良い香りがして、急に恋愛対象として意識した経験があるか」を尋ねたところ、男性の37.7%、女性の20.7%が「経験あり」と答えた。

逆に「恋愛対象として見ていた異性から不快な臭いがして、気持ちが冷めてしまった経験があるか」との問いには34.8%が「経験あり」とした。男女別に見ると、男性31.3%、女性38.3%で、男性陣は特に体臭に注意したほうが恋のチャンスを逃しにくいとしている。

香水の使用経験と頻度に関して尋ねたところ、ほぼ毎日つけている人から年に数回程度の人までを合わせた「香水使用者」は、男性の35.1%、女性の49.7%。また、香水使用者の中の20.9%が「恋愛の勝負時に身につける、恋愛の“勝負香水”を持っている」とした。

続いて、「自分はモテると思いますか?」を聞いたところ、香水を使っていない男女346名のうちの17.6%、香水を使っている男女254名のうち34.2%、恋愛の“勝負香水”を持っている男女53名にいたっては64.2%が「すごくモテると思う」と「そこそこモテると思う」を合わせた「モテる自信がある」と答えた。

また、恋愛の勝負香水を持っている男女53名に「あなたが勝負香水をつけた時には、つけていない時に比べて恋の成功率は上がると感じていますか?」との問いには、43.4%の人が「上がると感じている」とし、その成功率の上昇度も併せて尋ねたところ、平均して「35.4%上昇する」という結果が得られた。

<jicニュースより>
posted by ブラッシュ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ニオイに関する意識調査

男性用スカルプケアシリーズ「Rigaos」を提供するラボーテジャポン株式会社が、全国の20代から50代までの男女416人に対して、ニオイに関する意識調査を実施。その結果、女性と男性でニオイに対する意識が全く異なることが明らかになった。

まずは男女それぞれに、普段から自身や他人のニオイについて意識しているか聞いてみたところ、あらゆる項目で女性の方がニオイに敏感であることが判明。また、異性のニオイに対するイメージを確認したところ、男性は94.7%が女性のニオイを“良いニオイ”と思っているのに対し、女性は89.4%が男性のニオイを“臭いニオイ”と認識していて、異性のニオイに対するとらえ方が正反対であることがわかった。

続いて、女性に対し「出会いの場では男性についてどちらを選びますか?」という質問を投げかけたところ、「好みのタイプだけど臭い男性」を選んだのが18.8%であるのに対し、「好みじゃないけど良いニオイの男性」を選んだ女性は82.1%という数値を示した。出会いの場においても、ニオイの印象はとても重要で、時には「臭いこと」が相手を嫌いになる理由になってしまうこともあるという。ちなみに「会社の上司に対して、本人に『臭い』と注意できますか?」と聞いてみると、男女ともに90%以上が「注意できない」と答えていて、職場の環境改善(!?)の難しさも露わになった。

また「異性を臭いと感じる時は、どこがニオイますか?」という女性への質問では、全体の45.7%に当たる「口」に続き、「頭(頭皮)」が33.7%という意外な結果が判明! 「どんな時に男性の頭皮が臭いと思うか?」という質問には、「満員電車で男性が前に立った時」「夏場の夕方あたり」「それ違った時は会話している時」など、ほぼあらゆるシチュエーションが挙げられ、さらに「どんなニオイにたとえるか?」と聞いたところ、「腐敗物」「夏の動物園」「風呂に入れていない犬」など、衝撃的な回答のオンパレードになった。昨今では口臭剤やボディスプレー、汗拭きペーパーなど、男性向けの様々なニオイ消し雑貨があふれているが、頭や頭皮に関するニオイ対策には、まだまだ行き届いていないのが実情だ。

通勤途中の電車で、隣にいた女性がいつの間にか場所を変えていたり、オフィスで席にきた部下が、あなたとの距離を微妙において話し始めたりと、自分が臭いことに気づいていないのは、自分自身だけ、というのはよくあることだ。しかし、それに対して女性はシビアにチェックしているのだ。世の男性はもしかしたら?と思った方が良いかもしれない。気になる男性は今回のアンケートを参考に、ニオイに対する認識を高めておいた方が良さそうだ。

【東京ウォーカーより】
posted by ブラッシュ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

ホルモンとフェロモンの違い

【質問】
ホルモンとフェロモンは違う?

【回答】
 ホルモンとフェロモンとは別物。両者とも体内でつくられる物質という点では同じだが、ホルモンは自分自身の体に作用する物質で、フェロモンは他者に作用するという違いがある。ホルモン補充療法に詳しい「成城松村クリニック」の松村圭子院長はこのように解説する。

「フェロモンそのものは人間にもあることがわかっています。ただし、それを感知する能力は退化してしまいました。言葉や文字を持つ人間は異性に発情期を知らせたり、危険を訴える必要がなくなったからでしょう」

<女性セブン2010年12月9日号より>

posted by ブラッシュ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を笑わせる能力のある人がモテるのは、ホルモンの作用

今年、芸能生活50周年を迎えたザ・ドリフターズの加藤茶さん(68)が、元モデルの、23歳の女性と再婚して話題を呼んだ。人を笑わせる能力のある人がモテるのは、ある種のホルモンの作用かもしれない。

 東京大学の東原和成教授らは、マウスのオスの涙から、性フェロモンとして働くタンパク質「ESP1」を発見した。メスがこのタンパク質を吸い込むと鼻の奥の感覚器に作用し、メスの脳の視床下部が活性化する。するとメスは交尾を受け入れる気分になる。ESP1に反応したメスの、交尾に向かう行為は約5倍にも増えた。実際、ESP1を涙に多く含むオスほど、頻繁に交尾ができることが分かった。

 残念ながら、ヒトにはESP1のようなタンパク質は見つかっていないが、女性の視床下部をいかに活性化させるかということに、「モテ男」になるヒントが隠されているようだ。 視床下部は自律神経、ホルモン系、情動、性行動などの本能行動を制御し、「エストロゲンを、いつどれだけ卵巣に分泌させるか」の指示も出す。

 エストロゲンは、「美人ホルモン」とも呼ばれ、女性らしい体つきや、若々しい美肌をつくりだす女性ホルモン。視床下部は更に初潮や閉経など女性の生涯における生殖時期を刻む時計のような役割も果たしている。

 視床下部が活性化すると、女性は喜怒哀楽も表情も豊かになり、エストロゲン効果で肌がつやめき、性欲も高まる。女性として「うるおって」くる。 笑いは視床下部を活性化し、「脳内麻薬」であるβ−エンドルフィンの分泌も誘導する。β−エンドルフィンは、ランナーズハイなど、人が脳で快楽を感じた時に分泌される脳内ホルモンで、性的快楽でも脳内分泌が誘導される。

 つまりお笑い芸人は、「女性からいつでも笑いをとれる」という最強のモテ兵器を持っているわけだ。身のまわりの、不思議にモテる男と、なぜかモテない男を見比べてみてほしい。「笑わせ力」が要因かもしれない。

<週刊ポスト2011年9月16・23日号より>

posted by ブラッシュ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

フェロモン診断

恋のタイプを診断し、自分に足りないフェロモン
をズバリ指摘してくれる、
「恋に効く!フェロモン診断」
というのがありました。

http://allabout.co.jp/L/s/050119/

恋が上手くいく参考になるかもしれませんよ。


posted by ブラッシュ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

男らしさは恋愛に影響されない?

"男らしさ"は恋愛に影響されない?
男のフェロモンは狩猟目的と夜の睡眠、
昼のセックスでつくられる。
<エキサイトニュースより>

突然ですが、現在、彼女がいる男性で、
「あ〜仕事(または勉強)がやっと終わった。
これから彼女とデートだ……でも。なんか俺、
彼女に会えるのがうれしいはずなのに疲れてる?」
と思うことありませんか?
http://www.excite.co.jp/News/love/E1313564875668.html?_p=1


posted by ブラッシュ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

女性の7割、男性の香りにクラッ!?フレグランスの効果

16〜29歳の女性の7割以上が、「フレグランスをつけている男性が好き」と考えていることが、生活用品メーカー「ユニリーバ・ジャパン」が展開する男性用化粧品ブランド「AXE(アックス)」のプロジェクトチーム「AXE恋愛研究所」が実施した調査で分かった。「AXE」は「女性にもてたい」をブランドテーマにしており、同研究所は「香り文化がないといわれる日本でも、フレグランスをつけた男性が好きなことが分かった。この事実をぜひ男性に意識してほしい」と話している。
 調査は、フレグランスと恋愛行動の関係を調べるために実施した「LOVE FRAGRANCE SURVEY 2007 〜フレグランスと恋愛行動の意識調査〜」。16〜29歳の女性を対象にインターネットで実施し、309人から回答があった。

 それによると、「フレグランスをつけている男性は好きですか?」の問いに対し、10.4%が「とても好き」、63.8%が「まあ好き」と回答。合計で4人中3人にあたる74.2%が「好き」と考えていることが分かった。「どんな場所やシチュエーションで男性のフレグランスの香りに引かれますか?」の問いに対する答えは、1位が「路上ですれ違った時」で68.7%。続いて「通学・通勤の乗り物の中」(49.3%)、「学校、職場」(45.5%)だった。同研究所は「女性が香りに引かれるのはさりげない一瞬であることが分かる。そこが勝負の分かれ目」と分析している。

 また、「ふとした瞬間に男性からフレグランスの香りがして思わずドキッとしてしまうことがあるますか?」の質問に、14.6%が「よくある」、52.7%が「たまにある」と回答。「彼氏以外の男性のフレグランスの香りに引かれたことは?」の問いには、19.4%が「よくある」、48.9%が「たまにある」と答えた。さらに「フレグランスや香りがきっかけで相手の男性に好意を抱いたことは?」と問いに対しても、「YES」と回答した人が27.8%いた。

 研究所は「女性が男性に恋するきっかけはさまざまだが、すぐに取り入れられる恋のきっかけづくりとして、フレグランスも有効な一要素であると言える」と分析。「フレグランスをつけたからといって、すぐにもてるようになるわけではないが、女性がフレグランスを潜在的に意識していることを知るだけで男性の意識も変わってくるのでは」としている。
posted by ブラッシュ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。