フェロモンとは動物が対外に微量に分泌し、同種の固体に特有の反応を引き起こさせる物質の事であり、人間界で表現するならば“異性をその気にさせる媚薬(びやく)”といったところでしょう。 従来の学説では人間には器官の退化によりフェロモン効果はないとされていましたが、最近の研究により人間にもその器官の存在が認められたため、ここ2〜3年の間にフェロモンが急速に脚光を浴び始めました。 それは、医療やバイオの世界だけにとどまらず、香料の世界にも大きな影響をもたらしました。 現在では、フェロモン香水は、素敵な出会いや恋愛のキッカケ作りに大活躍です。 憧れのあの人が急接近してきたり、合コンやパーティで急にモテたり。 簡単に恋の魔法をかけてしまう感じかな? このフェロモンの媚薬効果で、あなたも魅力的に輝いてくださいね。
あまり関心がない方は、他の恋愛ブログをご参考にしてくださいませ 恋愛に飢えている方は、ごゆっくりどうぞ!

2011年11月22日

匂いで伝える人間のフェロモン

1971年,大学院に進んで間もない女子学生マーサ・マクリントックの論文がNature誌に載った。タイトルは「月経の同調と抑制」。彼女が通っていた名門女子大学の寮生の観察から,女性どうしが一緒に生活をしていると月経周期が同調するようになることを示した。現在,マクリントック効果と呼ばれるこの現象は,女性たちが一種の化学物質を送りあうことで起きていると考えられている。

 様々な生物がフェロモンと総称されるシグナル化学物質で合図を送り合っているが,人間も無意識のうちにフェロモンに反応しているようだ。この人間フェロモンを特定しようと研究が進んでいるが,ことは昆虫や動物の場合ほど簡単ではない。まずは具体的な物質の特定が目標になる。

<日経サイエンスより>
posted by ブラッシュ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フェロモン基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。