フェロモンとは動物が対外に微量に分泌し、同種の固体に特有の反応を引き起こさせる物質の事であり、人間界で表現するならば“異性をその気にさせる媚薬(びやく)”といったところでしょう。 従来の学説では人間には器官の退化によりフェロモン効果はないとされていましたが、最近の研究により人間にもその器官の存在が認められたため、ここ2〜3年の間にフェロモンが急速に脚光を浴び始めました。 それは、医療やバイオの世界だけにとどまらず、香料の世界にも大きな影響をもたらしました。 現在では、フェロモン香水は、素敵な出会いや恋愛のキッカケ作りに大活躍です。 憧れのあの人が急接近してきたり、合コンやパーティで急にモテたり。 簡単に恋の魔法をかけてしまう感じかな? このフェロモンの媚薬効果で、あなたも魅力的に輝いてくださいね。
あまり関心がない方は、他の恋愛ブログをご参考にしてくださいませ 恋愛に飢えている方は、ごゆっくりどうぞ!

2011年11月19日

千原ジュニアと舞川あいくが14歳差熱愛!だって

千原ジュニアに、14歳下の新恋人が発覚した。

 お相手は、安座間美優(24)と並び「CanCam」のトップモデルとして活躍する舞川。台湾人の母親を持つハーフで、1メートル69、B80W58H84の抜群のプロポーションを誇る長身美女だ。

 同誌は、2人が東京・麻布十番の高級焼き鳥店や六本木ヒルズのTSUTAYAでデートする様子を写真付きで詳報している。

 交際のきっかけは、9月21日に放送された大阪・毎日放送のバラエティー番組「全力☆が〜る」(関西ローカル、先月26日に終了)。司会を務める千原が初対面の女性と大阪デートに挑戦する企画で、相手役に選ばれたのが舞川だった。

 収録は8月中旬に行われ、舞川は同20日のブログで「初めて男の人とカウンターに並んでラーメンを食べたりした〜♪」「通天閣にも連れて行ってもらった♪」「すごく楽しかった」などと当時の様子を綴っていた。

 関係者によると、2人の交際は3カ月弱。意気投合した2人は、この収録後すぐに交際へと発展したようだ。千原は、10月21日発売の「FRIDAY」でも美女との和食デートを報じられたが、この女性も実は舞川だったという。

 双方の事務所は、サンケイスポーツの取材に「良いお付き合いをさせていただいていると聞いております」と交際を認めている。

 千原といえば、07年春に女優、内田有紀(36)との交際が週刊誌に報じられたが、10年1月放送のテレビ番組で自ら破局したことを告白。今度こそゴールインとなるか。

<サンスポより>
posted by ブラッシュ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱愛報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235941570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。