フェロモンとは動物が対外に微量に分泌し、同種の固体に特有の反応を引き起こさせる物質の事であり、人間界で表現するならば“異性をその気にさせる媚薬(びやく)”といったところでしょう。 従来の学説では人間には器官の退化によりフェロモン効果はないとされていましたが、最近の研究により人間にもその器官の存在が認められたため、ここ2〜3年の間にフェロモンが急速に脚光を浴び始めました。 それは、医療やバイオの世界だけにとどまらず、香料の世界にも大きな影響をもたらしました。 現在では、フェロモン香水は、素敵な出会いや恋愛のキッカケ作りに大活躍です。 憧れのあの人が急接近してきたり、合コンやパーティで急にモテたり。 簡単に恋の魔法をかけてしまう感じかな? このフェロモンの媚薬効果で、あなたも魅力的に輝いてくださいね。
あまり関心がない方は、他の恋愛ブログをご参考にしてくださいませ 恋愛に飢えている方は、ごゆっくりどうぞ!

2011年11月15日

鈴木亜美が“お泊まり愛”。年上一般男性と・・だって

女優で歌手、鈴木亜美(29)が12歳年上の一般男性(41)と真剣交際していることが3日、分かった。4日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、“お泊まり愛”と題し、写真付きで報じた。

 同誌によると、先月中旬、仲良く相合い傘で亜美の自宅マンションから外出し、男性は亜美の肩に手を置き、亜美も彼の腰に手を回すなど終始ラブラブだったという。別の日には友人2人と4人で食事をした後、亜美のマンションで一夜をともにし、同下旬には韓国と香川・小豆島へ一緒に旅行したとしている。

 関係者によると、お相手は1メートル80の長身で、爽やかな表情が印象的な都内の飲食店に勤務するイケメン。知人の紹介で知り合い、夏ごろから交際が始まった。結婚の話はまだ出ていないという。

 亜美は1998年のデビュー以降、「あみ〜ゴ」の愛称で人気を集め、初アルバム「SA」が180万枚を超える大ヒット。最近ではDJやドラマ、ミュージカルなどに挑戦するなど仕事の幅を広げてきた。

 私生活では2001年にタッキー&翼の滝沢秀明(29)との交際を写真誌に報じられて以来、浮いた話がなかった。

 亜美の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「プライベートは本人に任せています」としており、2人の交際を温かく見守っている様子。彼の理解と協力でマルチな才能はさらに花開きそうだ。

<サンスポより>
posted by ブラッシュ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱愛報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。