フェロモンとは動物が対外に微量に分泌し、同種の固体に特有の反応を引き起こさせる物質の事であり、人間界で表現するならば“異性をその気にさせる媚薬(びやく)”といったところでしょう。 従来の学説では人間には器官の退化によりフェロモン効果はないとされていましたが、最近の研究により人間にもその器官の存在が認められたため、ここ2〜3年の間にフェロモンが急速に脚光を浴び始めました。 それは、医療やバイオの世界だけにとどまらず、香料の世界にも大きな影響をもたらしました。 現在では、フェロモン香水は、素敵な出会いや恋愛のキッカケ作りに大活躍です。 憧れのあの人が急接近してきたり、合コンやパーティで急にモテたり。 簡単に恋の魔法をかけてしまう感じかな? このフェロモンの媚薬効果で、あなたも魅力的に輝いてくださいね。
あまり関心がない方は、他の恋愛ブログをご参考にしてくださいませ 恋愛に飢えている方は、ごゆっくりどうぞ!

2011年11月05日

彼氏の「におい」が好きな女性が多い理由

<All Aboutより抜粋>

ガールズトークでは時々、彼の「におい」について話題に上がることがあります。
「彼のにおい、なんだか落ち着く気がして、好きだよね。」と誰かが口火を切ると、「分かる、分かる!」となることが多い。ここで言う「におい」とはズバリ、体臭のこと。

・彼が泊まりに来た後の、枕に残った匂いを、思いっきり吸い込んだことのある人
・脱ぎっぱなしになったシャツを抱きかかえて、顔をうずめた経験のある人いませんか? 少なくない女性がYES!と答えてくれると思います。

しかし、男性に「恋人の匂いをいいなと思ったことありますか?」と質問しても、大抵の男性が、あまりピンと来ない様子。何とか記憶を辿ってひねりだした答えは、お風呂上がりの彼女の匂い、付けていた香水の匂いなど、どれも人工的な匂いばかり!
彼女を抱きしめた時に香る、うなじから、ほとばしるフェロモンの匂いが好きとか、彼女のシャツや枕に残った匂いが好きだという男性の話を、私はまだ聞いたことがありません。

この男女差は一体何でしょう? 実は、これには科学的な根拠があると言われています。女性が匂いによって、一定の男性を選別した実験をご紹介しましょう。

生物は、自分となるべく異なる遺伝子を持つ相手と交配することで、より強い生命力を持った子孫を残すことができます。では、何を手掛かりに、女性は、自分と遺伝子を見分けているかというと……それが匂いなのです。

スイスのベルン大学、クラウス・ウィトキンス博士が行った、44人の男子大学生と49人の女子大学生を対象としたTシャツ実験が、その事実を証明しました。

実験はこのような手順で行われました。男性には、香辛料の強い食事や香水などの使用を避けて、週末の2日間、同じ木綿のTシャツを着て過ごしてもらいます。その後、使用済みのTシャツは、実験室に集められ、被験者の女性たちにTシャツの匂いを嗅いでもらい、好感度のある順番に並べさせました。
その結果、女性たちは、MHC(Major Histocompatibility Complex)という免疫をつかさどる遺伝子の値が、遠い男性のTシャツほど、好ましい匂いと回答していたそうです。

つまり、女性たちが、彼の匂いに好意的なのは、遺伝子レベルでのマッチングが成立していることが言えるでしょう。(この結果を受けて、思春期の女性は、MHCが近いから父親の匂いを嫌がるのではないかと唱える人もいます。)

つまり、理性を超えた本能のレベルで、女性は男性を選ぶ能力を持っているんですね。敢えて女性だけに、この能力が託されたのは、生殖のメカニズムによるものでしょう。

posted by ブラッシュ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。