フェロモンとは動物が対外に微量に分泌し、同種の固体に特有の反応を引き起こさせる物質の事であり、人間界で表現するならば“異性をその気にさせる媚薬(びやく)”といったところでしょう。 従来の学説では人間には器官の退化によりフェロモン効果はないとされていましたが、最近の研究により人間にもその器官の存在が認められたため、ここ2〜3年の間にフェロモンが急速に脚光を浴び始めました。 それは、医療やバイオの世界だけにとどまらず、香料の世界にも大きな影響をもたらしました。 現在では、フェロモン香水は、素敵な出会いや恋愛のキッカケ作りに大活躍です。 憧れのあの人が急接近してきたり、合コンやパーティで急にモテたり。 簡単に恋の魔法をかけてしまう感じかな? このフェロモンの媚薬効果で、あなたも魅力的に輝いてくださいね。
あまり関心がない方は、他の恋愛ブログをご参考にしてくださいませ 恋愛に飢えている方は、ごゆっくりどうぞ!

2011年09月09日

女性の性欲は、35〜45歳の10年間がピーク

松村圭子医師は成城松村クリニック院長。広島大学医学部卒。女性の内面と外面の「美」と「健康」をサポートする。高輪メディカルクリニック女性外来医長も務める。松村医師が「女の性欲」について解説する。

 
 女性ホルモンの分泌は20〜30代前半がピークで、35歳を過ぎると徐々に減少し50歳前後に閉経を迎えます。閉経前は、更年期障害により身体の不調を訴えたり、濡れにくいなどの理由から性交痛をともなうため性に積極的になれないかもしれませんが、更年期前の35〜45歳までの10年間は性欲がピークに達します。先ほどの説明同様に女性ホルモンレベルが下がるので男性ホルモンの影響を受けやすく、性欲も高まるためです。

 では、1日のサイクルの中で、女性の性欲はどのように変化するのでしょうか。ここで鍵になるのが“明るさ”です。眠くなるときに脳の松果体から分泌される“メラトニン”というホルモンには性欲を高める作用のあることが動物実験で検証されています。

 メラトニンは物の色や形がぼんやりわかる程度のほの暗さのなかで最も分泌されやすいのです。このことから、夕方や夜、あるいは薄明かりの部屋の中で女性の性欲が高まるといえます。女性はしばしば、電気のついた明るいところで行為に及ぶのを避けがちですが、こうした女性ならではの体のメカニズムが作用しているのです。

<週刊ポスト2011年9月9日号より>

posted by ブラッシュ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。